2023(R5)年度採用・教員採用試験の合格者数・倍率のまとめ:近畿編
Pocket

2023年4月に採用予定の教員採用試験の結果が続々と発表されています。現在も追加の試験等が行われている自治体もありますが、ほとんどの自治体で結果等が発表されました。年度当初から教員不足が話題になっていますが、採用試験の状況はどうだったのでしょうか。今回は近畿地方のデータをご紹介します。

 データの見方
志願者(A):教員採用試験の受験を申し込んだ人の数
採用予定(B):自治体が公開している採用予定者の数
倍率(A/B):志願者数を採用予予定者数で割った倍率
受験者(C):一次試験を受験した人数(志願者のうちの一次試験免除者を含む)
最終合格者(D):最終的に合格者として発表された人数(多くの自治体では二次試験の合格者、一部自治体では三次試験の合格者)
受験倍率(C/D):受験者数を最終合格者数で割った倍率
参考(A/D):志願者数を最終合格者数で割った倍率。受験者が公表されていない自治体も多いための参考
各自治体の合計値には、特別選考枠の志願者・受験者・合格者等が含まれている場合があります。

関西地方の教員採用試験の結果

三重県の教員採用試験の状況

三重県では、小学校で736名、中学校で712名、高校で457名が受験し、それぞれ269名、144名、62名が合格しました。
受験倍率は全体で4.6倍となりました。採用予定者数515名に対し、511名が合格しています。
採用予定者数に対し合格者が数名足りませんが、どの区分でも比較的高い倍率を維持しています。

出典:令和5年度三重県公立学校教員採用選考試験 第2次選考試験合格状況

滋賀県の教員採用試験の状況

滋賀県では、小学校で252名、中学校で135名、高校で80名が合格しました。
受験者数は公開されていませんが、参考の倍率は全体で3.9倍となっています。参考の倍率ではありますが、比較的高めの倍率を維持しており、採用予定者数にも足りる人数に合格を発表しています。
採用予定者数545名に対し、549名が合格しています。

出典:令和5年度滋賀県公立学校教員採用選考試験 第二次選考合格者

京都府の教員採用試験の状況

京都府では、京都府と京都市の教員採用試験が実施されています。
京都府では、小学校で449名、中学校で444名、高校で544名が受験し、それぞれ171名、98名、114名が合格しました。
受験倍率は全体で3.7倍となりました。採用予定者数330名に対し、455名が合格しています。小学校の区分では、採用予定者数に対し50名程度多い合格者が出出されています。

出典:令和5年度京都府公立学校教員採用選考試験の結果について

一方京都市では、小学校で492名、中学校で454名、高校で127名が受験し、それぞれ88名、69名、13名が合格しました。
受験倍率は全体で5.7倍となりました。
採用予定者数245名に対し、231名が合格しています。小学校の区分で10名程度採用予定者数に足りていませんが、倍率としては5倍以上となっており、他の自治体に比較して高い水準です。

出典:京都市 令和5年度教員採用選考試験結果

大阪府の教員採用試験の状況

大阪府では、大阪府、大阪市、堺市の教員採用試験が実施されています。
大阪府の試験は3次試験まであり、結果は10月下旬に公表されることになっています。
1次試験の受験者としては、小学校で1315名、小中連携の区分で61名、中学校で1566名、高校で1449名となっています。
最終合格ではないため表には記載していませんが、2次試験の合格者は、小学校で949名、小中連携の区分で53名、中学校で841名、高校で501名です。

出典:校種・教科・科目別 第2次選考結果表

大阪市では2次試験までの実施となりますが、結果は10月下旬に発表されます。
1次試験の受験者としては、小学校で842名、小学校と幼稚園共通の区分で25名、中学校で836名が受験しています。

出典:令和5年度大阪市公立学校・幼稚園教員採用選考テスト【選考結果(第1次選考)】

堺市ではすでに結果が発表されています。小学校(特別支援・外国語含む)で322名、中学校(特別支援含む)で312名が受験し、それぞれ109名、86名が合格しました。
受験倍率は全体で3.5倍となりました。
採用予定者数156名に対し、206名が合格しています。

出典:令和5年度 堺市立学校教員採用選考試験 結果概要

兵庫県の教員採用試験の状況

兵庫県では、兵庫県と神戸市の教員採用試験が実施されています。

兵庫県では、小学校で1601名、中学校で1088名、高校で1225名が受験し、それぞれ353名、297名、239名が合格しました。
小学校、中学校の区分には、特別支援の枠が20名ずつ含まれています。
受験倍率は全体で4.6倍となりました。どの区分でも3倍以上となっています。
採用予定者数980名に対し、989名が合格しています。

出典:令和5年度兵庫県公立学校教員採用候補者選考試験の結果について

神戸市では、小学校で654名、中学校・高校で663名が受験し、それぞれ223名、158名が合格しました。
受験倍率は全体で3.6倍となりました。
採用予定者数255名に対し、442名が合格しています。小学校では採用予定者数の倍近い人数が合格しています。

出典:令和5年度神戸市立学校園教員採用候補者選考試験結果

奈良県の教員採用試験の状況

奈良県では、小学校で504名、中学校で409名、高校で403名が受験し、それぞれ130名、90名、68名が合格しました。
受験倍率は全体で4.6倍となりました。どの区分でも比較的高い倍率が維持されています。
採用予定者数338名に対し、同数の338名が合格しています。

出典:令和5年度 奈良県公立学校教員採用候補者選考試験 2次試験の結果

和歌山県の教員採用試験の状況

和歌山県では、小学校で469名、中学校で280名、中高共通の区分で174名、高校で194名が受験し、それぞれ179名、63名、24名、33名が合格しました。
受験倍率は全体で3.8倍となりました。
採用予定者数365名に対し、345名が合格しています。小学校で約10名、高校、特別支援の区分で数名ずつ合格者が採用予定者数に到達していません。
和歌山県では、教員採用試験の追募集が実施されることが発表されました。

出典:令和5年度和歌山県公立学校教員採用候補者選考試験実施結果

関西地方の教員採用試験の結果 倍率は高い自治体が多い結果に

関西地方の教員採用試験の結果を紹介しました。全体の倍率は3.5〜5倍程度となっており、中部地方よりも高い傾向にあります。しかし、合格者が採用予定者数に満たないケースもあり、和歌山県では追加募集が行われることになっています。

おすすめの記事